忍者ブログ

えびあのブログ

Home > ブログ

お金に困ってもやってはいけないクレジットカード現金化

出産や冠婚葬祭、ちょっと使いすぎてしまったなど、私たちの日常にはお金が急に足りなくなってしまうことがあります。そうしたとき多くの人はあわててお金を工面することを考えるのではないでしょうか。友人や知人に借してもらったり、一時的にキャッシングで対応できればいいですが、それらの方法がとれないときは非常に困ってしまいます。
 インターネットでお金を工面する方法を検索すると様々な方法がでてきますが、特に入金までの早さと手軽さで目立つのがクレジットカード現金化です。クレジットカード現金化とはカードで購入した商品を売ったり、購入時のキャッシュバックによって現金を得ることです。他にはオークションサイトに自分の持ち物を出品してお金を得る方法や、中古品買取サービスを利用してお金を得る方法などもあります。しかし、それらに比べてクレジットカード現金化はまとまったお金が手に入りやすいという特徴があります。そして、現金化業者の運営するインターネットサイトを利用すればわざわざ外出しなくても利用できてしまうという手軽さもあります。
 こうした一見魅力的に見えるクレジットカード現金化ですが、金融庁や消費者庁、日本クレジット協会などでは注意を呼びかけています。いったいなぜ注意を呼びかけているのでしょうか。まず一つ目の理由として現金化することの違法性が挙げられます。現金化業者は商品代金よりも少ない現金を支払うことで、その差益を得ています。しかし、この差益分の割合が非常に高額になる場合もあり、その違法性が問題となっています。もう一つの理由は商品購入の際にクレジットカードの番号や住所、電話番号などの個人情報が現金化業者に渡り、それらの情報が悪用されるケースがあることです。また、キャンセルすることができなかったり、お金が入金されないなどトラブルになるケースもあります。これらの危険性があるため、公の機関が中心となって注意を呼びかけていますが、完全に違法とも言い切れず現金化業者が堂々と営業しているのが現状です。
 至急お金が必要な人にとってはついつい手を出してしまいそうになりますが、これらの危険性を考えると他の方法を冷静に考える必要があります。例えば企業にお勤めの方であれば、勤務先の企業の貸付金制度を利用できる場合があります。低金利で借りれる場合が多いのでまずはご自身のお勤め先を確認されることがよいでしょう。一方お勤めでない方は国民生活センターや金融庁に相談窓口がありますので、そういったところにまず相談されたほうがよいのではないでしょうか。いずれにしてもあわてず冷静に対応されるよう心がけることが必要です。
ショッピング枠現金化の真実
PR

クレジットカードの二重請求がされた時の対応

最近はクレジットカードで買い物をすることが多くなりました。
店舗でクレジットカードを使うとカードのスキャナーでカードのデータを読み取るのですが、慣れない人が行うとエラーが出ることがあります。
そのため、何度かスキャンすることとなりますが、その際プリンターから用紙が二度以上出力されたら要注意です。

店員も、利用者も利用明細が2度出力されても、サインしなければ請求されないと思いこんでいるのですが、信販会社側ではサインの有無に関係なくカード利用のデータが来たら、それが二重請求であっても売上があったものとして処理しています。
つまり、いちいちサインの有無はチェックしていないのです。

そのため、機械のエラー等があった時に買い物をすると、トラブルに巻き込まれることがあるわけです。
このようなトラブルを回避するためには、カードスキャナーの操作を見ていて、2回紙が出てきたら取消処理をしてくれと必ず言いましょう。
また、取消処理した分も含め利用明細は必ずもらってきて、カードの決済日まで保管しておくことが大切です。

万が一二重請求のトラブルがあったとしても、利用明細があれば原因追求が可能ですし、利用事績取消の主張もできるからです。

クレジットカードはコンビニ払いが便利

クレジットカードの返済というのは口座から引き落としで支払うだけではなく、基本的にはいつでも返済をすることができます。

クレジットカードの返済で便利な方法としては、コンビニ払いを活用すると良いです。コンビニのATMではカード会社によっていつでも随時返済をすることができます。

なるべく早く返済したいときはコンビニ払いをすると良いです。そうすれば金利の負担は軽くなります。クレジットカードを使って出来るだけ早く返済をするほど、金利の負担は軽くなることを覚えておくと良いです。このように考えると、随時返済というのはとても良い返済方法でもあり、コンビニは全国各地で見つけやすいものですし、コンビニを活用することで早く完済目指すことが可能になります。

少し余談ですが、コンビニでお買い物をするときに、商品の支払いはクレジットカードを使えることがあります。これはコンビニによって異なる場合があります。商品の種類によって、または合計金額によってなど、クレジットカードで支払いできるかどうかは色々と条件があります。

こうして買い物をすることもできれば、コンビニのATMからいつでも随時返済をすることも可能なので、利用しやすいコンビニを見つけておくと便利です。

クレジットカードの郵送は書留で行っています

最近はクレジットカードの申込も簡便になり、ネットやスマホからの申込の場合は、運転免許証の確認さえもしないことが多くなりました。画面上の申込だけで手続が終わるわけですから手軽にできます。
ただ、本人確認をしないで大丈夫なのかと思われがちですが、実際には郵送の段階で郵便局や宅急便の人がチェックしています。

クレジットカードの郵送は、書留でされていますが、これは受取のサインが必要になります。
ただ、本人が受け取ったかどうかわかりませんから、最近では受取時に本人であることを運転免許証等で確認してから引き渡す新しい形の書留郵便があります。

この方法で郵送すれば、確実に本人確認ができますから、問題なく本人に渡したと確認できるばかりか、本人確認もやってくれるわけですから、信販会社はわざわざ運転免許証等を確認する必要がありません。
もちろん申し込んだ人も、必要書類と言う事で信販会社に運転免許証のコピーを送る必要もなくなるわけです。

ただ、これらの処理にはコストがかかります。通常の書留より当然高いのです。
しかし、信販会社と利用者の手間が省けるという意味で、有用な事からあえてコスト高になるこの方法で、送っているいるわけです。

クレジットカードの保有率

2012年度の統計によれは、20代から60代までのクレジットカードの保有率は、全体として8割を超えていました。一人あたりの保有枚数は3枚以上と言う結果が出ており、前年度に比べると少しではあるものの増加しています。

ただ、クレジットカードの保有率はバブル期と比べるとかなり減っています。その背景には、電子マネーといったより安全で便利な電子通貨が数多く登場したことにも影響しています。

20代のクレジットカードを保有する割合は減少傾向にありながらも、電子マネーの利用率は格段と高くなっています。使用目的は限られるものの安全に利用することができるので、少額の買い物であれば電子マネーを使う人の割合が高くなっています。

また、先進国の中でもクレジットカードの利用率が少ない国という調査結果が出されており、安全性と確実性を求める堅実な国民であることが伺えます。

また、最近ではインターネットショッピングが普及したことで決済方法が多様化し、クレジット決済に拘る必要がなくなったことも影響しています。

最近では、ネットバンキングから手数料無料で振り込みをすることができ、手間も余りかからないので安全性を担保する上でネットバンキングの利用が増えています。

PAGE TOP